手すり付きうずくり玄関台 (ステップ/踏み台) 幅60cm アジャスター付き 【完成品】

おすすめポイント

毎日、外出するのが楽しみになる玄関踏み台です。





商品の詳細


「うづくり」とは何かご存知ですか。これは建築用語で刈茅(かるかや」の草の根を水にさらした後、干して麻紐で束ねた道具のことです。

用途として、木の板・柱などの柔らかい部分(春材)を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせ、木材の見た目を美しくするために使用するし、そういった仕上げを浮造仕上げと言います。

古い木材に使用するときは根の粗い部分を束ねたものを、新しい木材のときは根の細い部分を束ねたものと使い分けます。入手性がよいとはいえないため現在ではワイヤーブラシや電動工具で代用することも多いようです。


浮造仕上げの無垢板は、木目が強調され凹凸が目立つようになります。


つまり、踏み台の木目を浮き上がらせ、滑り止めに活用しているのです。
もちろん見た目も高貴な美しさが感じられ、玄関のインテリア性がぐっと高まりますよ。
本性j品の材質はパイン材と言われる北米の松の木を採用しています。
パイン材はヒノキ材やスギ材と同程度の硬さで、年月がたつと白っぽい黄色から艶やかな飴色に変化するなどの特徴があり、和風建築の粋を凝らした置物などに使用されています。

手すりは木製のパイン材ですので手に優しく、土台ともマッチしたデザインですよ。
玄関のインテリア性を高めて、上品な雰囲気を演出してくれます。

踏み台の下部スペースには、靴が収納できて玄関がスッキリと整理できるのも魅力です。




サイズは、横幅:69.6x奥行き:40.0x高さ:78cmです。

本体にパイン材を採用し、艶のある風合いを楽しめることや、うづくりによる滑り止めもあり下部スペースに靴を週のできるなど
高品質でクオリティの高さが魅力です。
高めな玄関の下に設置してください。昇降の手助けに欠かせなくなりますよ。

高さのある段差の昇降がキツイ高齢者には特におススメします。
きっと毎日のお出かけが楽しみになりますよ。





ご購入者様の声




「子度がまだ小さいため靴が玄関に散乱して困っていましたが、
手すり付きうずくり玄関台 でスッキリ整理できて助かっています。」


「高齢の父母と同居しているため、玄関の昇降に不安がありましたが、踏み台を設置してからは安心して生活できて助かっています。」

という喜びの声が寄せられています。

高齢の方の助っ人として




を活用して安心・安全な玄関に変身させませんか!

[PR]
by japanesehisutory | 2017-12-12 21:09 | 手すり付き玄関踏み台 | Comments(0)

介護に関する 商品、ポータブルトイレ、マット、トイレ用洗剤、シルバーカーなどたくさん取り扱っています。 スマホでもご利用いただけます。