人気ブログランキング |

高齢者・要介護者の寒さ対策について考えて見ました

高齢者・要介護者の寒さ対策について考えて見ました


今年の冬は例年に比べてみるとかなり寒いような気がします。
近年は暖冬の影響で、寒い寒いと言っても悲鳴を上げるほどでも
なかったように思いますが皆さんはどう感じていますか?

最近のニュースにありましたが、風呂の脱衣所から火が出て火事になったという痛ましい事件がありました。

現場検証では脱衣所を温めていた電気ストーブが火元のようでした。

衣類やタオルの多い狭い場所での電気ストーブがいかに危険か思い知らされる事件でした。
つまり、電気ストーブの上にタオルか衣類がかぶさりそれに発火したようです。

しかし、体の機能が衰えた高齢者が低い室温に寒がるのは
当たり前のことですよね。
ましてや、介護を受けている方はなおさらなんです。

では、寒さ対策はどうすれば良いのでしょうか?


こう言う私もそろそろ前期高齢者(嫌な表現ですが)の仲間入りですので、他人ごとではないのです。

まず、すぐに思いつくことは部屋に暖房をかけることですね。
ところが高齢者が一人でスイッチの操作をすると冷房のボタンを押していて、寒い寒いといっていることがあります。

これは冗談のように聞こえますが、結構あることなんです。
高齢になると機器の操作がおっくうになり確認することが難しくなるのかも知りませんね。
実は私もそういう経験がありました(笑)ですから支援者が気を付けて上げることが大事ですよ。

次に考えられるのは、冬の衣類はしっかり着込むということですか。
例えば、上着と肌着の間にチョッキを入れて着込めば保温効果が高まり温かさが増します。また、首元に巻くマフラータオルも有効ですね。

さて、次に欠かせないのはトイレの問題です。特に要介護の方にはトイレの保温は重要ですよ。




寒い時期に、ポータブルトイレの便座が冷たいと、それに反応して血圧が急上昇するケースがあり、それは要介護者の症状の悪化に直結します。

そのためには、ホット便座の機能を備えたポータブルトイレがおすすめです。
では、そのホット便座の温度はどれくらいが望ましいのでしょうか。

今どきのお風呂の温度設定を考えて見ますと38~42度の間でしょうか。もちろん個人差はあります。

ただし、ポータブルトイレの便座の温度はあまり強くしない方が望ましいですね。と言いますのも、要介護者の排泄にかかる時間が健常者よりも長いため、お尻の皮膚が火傷のような症状になる場合があります。そのため、中ぐらいの温度設定でトイレに長く座っているとちょうど良くなる程度が無難と言えます。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。























by japanesehisutory | 2018-01-10 21:37 | ポータブルトイレ | Comments(0)

介護に関する 商品、ポータブルトイレ、マット、トイレ用洗剤、シルバーカーなどたくさん取り扱っています。 スマホでもご利用いただけます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31