(業務用20セット)大日本除蟲菊 サンポール 業務用 5L
共同購入おススメ品のご紹介です。


f0378474_20174825.jpg



今も昔も変わらぬ品質!優れた洗浄効果でキレイにお掃除。「グリーアップル」

の香りでトイレさわやか!



●酸のちからとマイナスイオンの相乗効果で

便器のがんこな黄ばみを化学分解して落とします。


●かけた場所もよくわかり、たれ落ちにくいグリーンの液です。


●清潔感のあるさわやかな香り「グリーアップル」でニオイもスッキリしますよ。


●用途
便器内の掃除、トイレタイルの掃除



●使用料の目安

「便器内」:1回(約20mL)程度(原液)

「トイレタイル」

液を5~6倍(水100mLに対して2押し)に薄め、1m2あたり5mL

を目安に使用してください。





「KINCHO」の生い立ち。




蚊取り線香のCMでお馴染みの「KINCHO」です!
伝統ある業績は今や国民的存在となっています!



1885年(明治18年)に創業者の上山英一郎が、アメリカから来訪したH・E・アモアより除虫菊の種苗を手渡され、これを元に線香を製造。蚊などの虫に効くことを知ったことで、除虫線香(蚊取線香)「金鳥香」の製造を開始。







最初は棒状だったが、のちに長時間使用するために1902年(明治35年)線香を渦巻き状に改良すると、これが評判となり、1905年(明治38年)には日本除蟲菊貿易合資會社を設立し、日本だけでなく、海外にも蚊取り線香の販売を開始すると共に同社の土台をつくると、1934年(昭和9年)には今日まで発売されている殺虫剤「キンチョール」を発売。







本格的な虫駆除を目的とした殺虫剤、日用品製造企業としての知名度を築き上げました。


登録商標名の金鳥は、同社発売の蚊取り線香の銘柄に因んでおり、シンボルマークに描かれている雄鶏の事である。







この雄鶏は故事成語である「鶏口となるも牛後となるなかれ」(小さなグループでもトップとなれ、巨大機関の一部品にはなるな)という有名な諺から採られたものであり、

業界の先駆者として品質などあらゆる面でトップに立て、という創業者の願いが込められています。


シンボルマークに描かれている雄鶏の胸の辺りには、創業者の上山英一郎の姓、「上山」の判子を模したロゴが入っているのも特徴です。(wikiより引用)




金鳥「虫コナーズ」は関西人の庶民性とマッチして、今では不動の地位を築いていますね。



5ℓでは重くて・・・と思われる方は別容器に小分けしてお使い下されば便利ですよ。(特にスプレー式など)

※この商品は20セットでお届け致しますので、ご近所の方との共同購入されることをおススメします。





[PR]
by japanesehisutory | 2018-03-16 20:19 | トイレ用洗剤 | Comments(0)

介護に関する 商品、ポータブルトイレ、マット、トイレ用洗剤、シルバーカーなどたくさん取り扱っています。 スマホでもご利用いただけます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31